Vistaの検索バー

すっかりご無沙汰しています、マイクロソフト畠山でございます。
GW真っ最中は、私自身は溜まっている仕事を片付ける絶好の機会でして、出社しております。マイクロソフトでは、New World of Work という次世代のデジタルワークスタイルも提唱していますが、現在は私の場合は自宅のPC環境および職場での休暇の扱い等が重なって、出社して仕事するのが最善となっております。

さて、今日はVistaの検索バーについて。

別のWindows XP PCを使っていて、XP面倒だなぁと思ったことがあります。それは、「名前を指定して実行」からでないと、私のやりたいアクションができない、ということです。これは何かというと、[スタート]-[名前を指定して実行]としないと、そのダイアログが出てこないのです。キーボードストロークにして、1回多くなるだけなのですが、それ自体が「あぁ、ちょっと面倒だな」と思ってしまいました。
Vistaだと、これまで「名前を指定して実行」で出来ていたこと、加えてさらに便利に活用できます。

これまでXPの名前を指定して実行でも:

  • ネットワーク共有を検索する。\サーバー名フォルダ名xxxxxxプログラムを直接叩くのた私流のスタイルです。特にアプリケ-ションのインストール時には、setup.exeを叩きます。
  • プログラムを実行する。以前の投稿でも取り上げましたが、信頼性とパーフォーマンスモニタは、perfmon.exeというプグラムですので、それを指定します。他には、ディスククリーンアップも良く使いますが、これはcleanmgr.exeですね。こうした直接そのプログラムを起動するときにも叩きます。
  • インターネット直接移動。http:// から直接打つことでIEを立ち上げてからではなくてく、指定したURLのページを規定のブラウザで見に行けます。

Vistaでできるようになったこと:

  • プログラム自身のショートカット検索。「Excel」「Word」など、良く使うプログラムのここから
  • インターネット直接起動、拡張。「お気に入りと履歴」から自身が過去に行ったサイトで残っているものについても、候補を出してくれます。これ本当に便利です。

これらに加えて、よくある、ファイル/インターネット検索がここからできます。

気がついたことは、すっかりVistaに慣れていた自分でした。よく製品が出る前には、「そんな小さい機能たいしたことないのかなぁ」と思っていましたが、やはりMicrosoftは人間工学を考慮してデザインしているだけあって、本当に便利なんです。こうした機能一つ一つを覚えちゃえば。
とある人と先日とあるお客様先でお話しに伺った時に、こんな良い例えをいっていました・・・
「新宿駅南口から歩いたところにに、新しいドーナッツ屋さんがオープンしました。アメリカで有名だったお店なのですが、連日1時間以上待つ行列ができています。これって何だと思います?日本人ってそんなにドーナッツ好きでしたっけ?同じように安くておいしくて、かつどこでもドーナッツ買えるお店だったら、ミスタードーナッツ様をはじめ、いくつかありますよね?でも、人はこの新宿のお店に並んでまでして買うんですよね?
何が違うのか?
ちょっとしたお客様への心遣いが違うんだと私は思います。
スターバックスしかり。コーヒーを出してくれる喫茶店も日本全国にありましたよね?
今世間で求められているのは、そうした『ちょっと他とは違う、いいもの』なんじゃないですかね?」
Vistaも2007 Office systemも、そうしたところに気を配られています。
やっぱり、そうしたところを皆さんに使ってもらいたいですし、皆さんとそうしたサービスを世に発信していくお手伝いをさせていただきたいですね。

2007年5月1日
マイクロソフト 畠山大有

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中