Windows Server 2008 – ServerCore 概要

マイクロソフト畠山です。
実はWindows Server 2008の機能については、今日時点で私の中ではかなり定着してきました。何度かご説明させていただいた方もいらっしゃると思います。その中でも、「これはOSをもっているMicrosoftだからできた」と思っている、ServerCoreについて概要を。

一言でいえば、ServerCoreは、必要最低限の機能だけをインストールできるものになります。
ですので、インストール後には、Windows固有の画面もありません。良く言われていますが、以下の様な画面になります。
ServerCore画面
コマンドプロンプトだけですもんね・・・これ正直驚きますよね。
これをやって何が嬉しいのか?以下が考えられますね。

  • セキュリティ向上: 必要となるモジュール数が少ないわけですから、当然セキュリティホールの対象となるものも減少するわけです。
  • 安定性向上: 上記と同じ理由です。
  • 多くの処理に対応: サーバーのリソースは最低限必要なものに抑えられていますから、その分ハードウェアリソースが空きます。ここを使って、より多くのユーザー対応ができるわけですよね。

一見WPFなどをやっている流れに逆行しているように見えますが(笑)、「選択肢が増えた」ことが重要です。もちろん、ServerCore以外のインストールおよび使い方も可能です。1つのライセンスをいろんな形で使える。ソフトウェアならではの活用なのではないでしょうか?

という能書きは置いておいて、エンジニアとしてはこうした新しい技術、本当にワクワクしますね。

ServerCoreインストールオプション:
<http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/2008/library/78d9d3e1-5ecb-4a01-8fe1-5fcf69e26fee.mspx>

2007年8月3日
マイクロソフト 畠山大有

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中