Windows Server 2008 – NAP (Network Access Protection)

マイクロソフト畠山です。
今回もWindows Server 2008の機能概要を取り上げます。繰り返しになるんですけど、Vistaと連携すると効果が高いものが本当に多いんですよね。ほぼ同様のKernelを使っていますので当たり前なのですが。OSとしてしっかり進化していることを実感します。Kernel部分と、今回取り上げているUser部分とです。

NAPはLANに接続されたコンピュータの健全性をチェックし、修復手段を提供できるというものです。組織で決めた「ポリシー」を実現させる上で重宝します。
これまでは、VPNやダイヤルアップなどの、外部からの接続時にしかできなかったことが、社内からの接続に関してもできるようになるのです。

この手の話は毎回そうなのですが、「継続性」があります。徐々に発展してきています。これによって何が得られるかというと、既に構築済みの資産が流用できる可能性が非常に高くなります。
NAPでも、

  • アクセス手段としてはDHCP、IPSec、802.1x、VPNをサポート
  • 修復手段としてはWSUSやMicrosoft Updateを活用

できます。

ユーザーも特にこれによって必要な作業は無いようです。つまりNAP導入後は、暗黙的に検査され、修復手段が明示的に提供され、必要ならボタン一つで修復される。というシナリオが描ける可能性が高いです。

これも製品版が出荷後、動作確認したい機能の一つですね

NAP: TechNet ライブラリ
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/2008/library/40dcd5ed-1cb9-4f29-8470-f6b4548c8e12.mspx

2007年8月15日
マイクロソフト 畠山大有

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中