PC買い替えによる、個人の生産性向上

マイクロソフト畠山です。
何かと話題の多いVistaですが、今日は実体験として3台目のVista PCを手に入れた感想をお伝えします。

現在私は、以下のPCを使っています。

  • 会社1: Dell Optiplex 745/ (シリアルATA2 3.0Gb/sドライブ:7,200回転)
  • 会社2: Lenovo T60p/(100GB(7,200rpm / シリアルATA /9.5mm)
  • 自宅: 自作: Core2 Quad/DDR2 2GB/SATA 7200 rpm 500GB HDD/GoForce 8600

特に会社のDell Desktop機は顕著なのですが、全てにおいて高速になりました。
態々HDDの仕様を書いたのには意味があります。
Vistaにおいては、アプリケーションとして、セキュリティや生産性を高める様々な機能が搭載された結果、HDDへのアクセスがXPに比べて格段に増えた印象があります (どなたか実数でだしませんか・・・)。以前のものと比較して、CPU数の増加、FSBのクロックアップ、チップセットの向上など足回りも確かにあるのですが、やっぱりHDDが一番のボトルネックになりやすいので、これなんじゃないかなぁと「予想しております」。

個人的には、新しいPCへの買い替えをお勧めします。Vista/Office 2007と共に。
格段に生産性が上がりますよ。
そして、20万円の投資が、月給うん十万円の従業員の皆さんの作業時間短縮に寄与することは、間違いなく言えます。
後、「道具」として使いやすくなっていますからね・・・新品ということとも合わせて「やる気」が違うのでは???

2007年11月28日
マイクロソフト株式会社
畠山 大有

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中