Windows Server 2008 – Windows RemoteShell

マイクロソフト畠山です。
最近はWindows Server 2008 のお話ができるようになってきました。RC1が公開され、いよいよという気運が高まっています。
その中で、私が「個人的に」気に入っているものを紹介します。
今日は、Windows RemoteShellです。最初にお話しますが、Vistaでも使えます (知りませんでした・・・)

Windows RemoteShellは簡単にいえば、ネットワーク越しにコマンドを実行できる機能です。他のものと何が違うかといえば、通信はhttp/httpsで行っています。そのうえで、WS-Managementのプロトコルを使っているのです!
これまで、RPCとかDCOMのポートを開けないといけなかったWindowsプラットフォームの管理を考えると素晴らしいですよね。ネットワークのチームと、サーバーのチームは分かれていることが多いですし、セキュリティの懸念から、可能な限りのポートは閉めたいですし。
そうしたものに応えてくれると思います。
さらに良いことは、WS-ManagementはMicrosoftだけが決めているプロトコルでは無いということですね。将来的にUNIXやLinuxともやり取りできるようになるかもしれません (個人的な見解ですが。

Windows Remote Shell

では早速使ってみましょう。
Windows RemoteShellには、以下の2つのコマンドがあります。

  • winrm: Windows RemoteShell 自身の管理
  • winrs: コマンドの実行

デフォルトではWindows RemoteShellは無効になっていますので (Secure by Default)、対象となるそれぞれのコンピュータ上で有効にする必要があります。それには、winrm コマンドで対応します。

winrm quickconfig

を実行します。
KB: Windows RemoteShell を有効にする方法
<http://support.microsoft.com/kb/555966>
さて、さっそく以下を試してみました。

winrs -r:<サーバー名> systeminfo

如何でしょう?

参考情報:
<http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa384426.aspx>

2007年12月13日
マイクロソフト株式会社
畠山 大有

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中