Exchange おかげで助かったこと

マイクロソフト畠山です。
昨日、手元のOutlookのメールファイルが破損しました。その障害自身も勿論根本解決をしたいのですが、どうやって復旧したか?
Outlook-Exchangeの組み合わせでは、MAPIというプロトコルを使って同期処理をしているだけです。つまり、サーバーのメールボックスさえ無事なら、ローカルのpstファイルは、バックアップを取る必要性はありません。
私がどうしたかといえば:

  1. ローカルのpstファイルを削除
  2. Outlook再起動
  3. Outlookが自動的にExchangeからデータ取得

本当にこれだけです。復旧時間は、おおよそ10分程度でしょうか?
メール以外に、予定や、タスクなども入っていますので、本当に助かりました。

ちなみに、OSの再インストール時も同じですね。この部分はバックアップする必要なし。

困ったときのExchangeですね・・・しかもIT部門、必要無し!(笑)

2008年1月22日
マイクロソフト株式会社
畠山 大有

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中