アプリケーションサーバーとしてのSharePoint

ちょっと更新が空いてしまってすいません。

さて、今回から少しSharePointをベースにしたテーマを取り上げてみる回を設けてみたいと思います。製品ありきで申し訳ありませんが(笑)、逆にこちらお使いの方であれば、追加コストが激減すると思います。
本業も厳しいこのご時世だからこそ、真剣にコスト削減とコア業務の効率化を目指したいと思います。

NAN2009が丁度終わりを迎えようとしています。
この中でも放送局様向けのコンテンツ制作・管理という分野でSharePointをアプリケーションサーバーとし、デジタルメディアのビューアーとしてSilverlightを全面にしたパートナーソリューションが幾つか紹介されています。

NAB2009: Digital Content Management & Workflow

残念ながら日本でのパートナー様がいらっしゃらないのですが、逆に言えばそれだけの可能性があるものを、これから日本のマーケットに適したものを構築するチャンスです。
時々、パッケージ(マイクロソフト製品とも言われますが)を使うと、差別化ができなくなる。とのコメントも頂きます。それは、素のまま使ってしまうとそうなのですが、そこに付加価値をつけるのは、導入・構築される皆様次第です。

私も知恵は可能な限りご提供します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中