Microsoftに障害情報を送る

自分固有の使い方で起こる情報を、Microsoftに直してもらいたい。
実際にそうなるかは別問題ですが、メーカーとしてはユーザー環境で発生した問題の数が多ければ多いほど、それって無視できないんじゃないでしょうか?
そのために、何をするか?
障害情報をMicrosoftに送っちゃうことです。

Windows 7では、Windows Vistaであった、自分のPC上で起こった障害情報をおくるメニューがコントロールパネルの直下から別の場所に変わっています。
Windows 7からは、すべて「アクションセンター」からですね。

アクションセンター in タスクバー

特に送信すべきものが無いと、ここでは何も表示されませんが、下記メニューが現れます。
アクションセンター

この「メンテナンス」をクリックすると、幾つか追加のメニューが開きます。ここからそれぞれのツールを起動させるわけですね。

image

障害の報告は「解決策の確認」です。「設定」も見えますね。
image

ちなみに、ここから見える「View reliability history」がVistaの「信頼性モニタ」です。
他人の環境でいつ何が起こったのか?障害の発生頻度とアプリケーション/ドライバーのインストールなど。
ヘルプデスク部門必須のツールでしょうね。
image

私のWindowas 7 RCのWindows OSはまだエラーを記録していませんね・・・Microsoftの人間としては良かったです(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中