クラウドのビジネス価値

間が空きました。
このBlogは実は毎週Updateしようとしているのですが、それがダメですね。来週から毎日15分でやりきります。
結果、まとまっておらず、まさにWeb log となるかもしれませんが、それはご容赦を

さて、Windows Azure platform ですが、クラウドコンピューティングの中で非常に面白いポジションを占めています。SaaSという言葉。まだ現役なのですが、XaaSという分類があります。

image

Windows AzureはPlatform なんですね。
某、ベンダーさんがIaaSとされていましたが・・・・がんばれ、某ベンダーのSEさん。

Platform ということは、実はひとつ気が付くことがあります。そう、Microsoftの製品、ほとんどがPlatfrom製品です。じゃ、何のPlatformか。それは「Application Platform」つまり、システムを構築する際の部品であり基盤である。という部分です。

その価値は、といえば、非常に単純なのですが、PaaSから下すべてを「あまり」考慮しなくてよい。という事につきると思います。

じゃ、具体的に何か?個人的な見解ですが、以下がかなり不要になるのではないでしょうか?

  • 設備
    • Network
    • Storage
    • Hardware
    • OS
  • 開発時
    • キャパシティ設計
    • 可用性設計
    • インフラ設計
  • 維持
    • 機材の保守費
    • インフラ部分の維持要員

何かにお気づきになりましたか?

そう、「インフラ」のトピックが多いのです。

システム運用をしている「皆さん」だからこそ、しっかりこれが

  • 「何なのか?」
  • 「どんな目的に使えるのか?」
  • 「自分たちのどんな問題を解決できるのか?」

について調査していくべきかと思います。

毎年、xxx保守切れ対応をしている皆様。Windows 7対応ご迷惑をおかけしていますが・・・
それを脱却する事考えませんか?前向きに。

とある方から言われて「はっ」とした一言です。

「もう、ハードウェアの面倒みてられないんだよ。全部引きずられるでしょ」

クラウド・ホスティングへの真実だと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中