今後のソフトウェア インフラのの方向性はスケーラビリティ

単体CPUの処理速度向上は技術的に結構上限に来ています。単一ハードでもGPGPUを主軸とした「並列処理」が大事です。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/product/parallel_interview.aspx

その延長線上にあるのが、Grid Computingのような処理。つまりハードウェアの横並び処理じゃないでしょうか? 現在のソフトウェアから見ると、タスク分割しちゃえば、データのある場所は、メモリだろうが、ファイルだろうが、それがネットワーク越しにあろうが、クラウドにあろうが関係ありません。高度に抽象化されていますから。この順番で気にすべきことは、純粋なハードウェア関連の知識。誰でも知っている。

つまり、遅延です。

それを意識できれば、ストレージエリアネットワークも受け入れられますし、クラウドコンピューティングも受け入れられます。
ただ、実際の遅延は「大きな差」で、クラウドになった場合には、ソフトウェアも「考慮」が必要です。

いよいよ、インフラアーキテクチャが大事になってきましたね。
.NET Framework 4.0 ではParallel APIが搭載されてきます。まだプログラマーが指示をする必要性がありますが、それは並列処理のオーバーヘッドという現実的な話もあるからでしょう。
ですが、インフラアーキテクチャで、.NETを採用していたそのメリット。間違いなく享受できるはずです。

なんでもCで書けば最速というのは、瞬間的な話で、システムリプレースが続いている昨今の企業システムを見ると、.NET/JavaといったOSを抽象化した環境上でアプリケーション開発をしておく意味が本当にあると思います。時代についていくというだけでなく、しっかりとした技術的方向性の裏付けがあると言えます。

皆さん、目の前の仕事をこなすだけではやめましょう。
つけは自分に必ず帰ってきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中