Windows Azure Media Services の上限値と並列実行

2/13 付けでWindows Azure Media Servicesの各処理値の上限が公開されました。ご確認ください。

Media Services Considerations:

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj945161.aspx

そして、この先に大事なことが書いていますが、ベータの時は25-30くらいエンコードなどのMedia Processingの処理が並列実行出来ていました。1月のGA後に、それをするには占有型設定が必要となっています。

How to Scale a Media Service

http://www.windowsazure.com/en-us/manage/services/media-services/how-to-scale-a-media-service/

・共有型では、1件ずつのシーケンシャルな実行となります。

・一度に大量にエンコードが必要な場合、出来るだけ[スケール]にて占有の[Encoding]を増やしてください。

・設定の上限値は、[Microsoft サポートに問い合わせる] からリクエストください。設定まで2-3日以上は要する可能性もありますので、上限値を増やすこと自体は早めがいいです

なお占有型はSLA保障があります。その内容についてもドキュメントが日本語でも公開されていますので、ご確認ください。

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36449

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中