Azure Media EncoderでのGlass Valley HQ/HQXコーデックのサポート

NAB Show 2014 にて発表がありましたが、Glass Valley HQ/HQX (旧Canopus HQ/HQX)ファイルを、Azure Media Services上のEncoderにてサポートを開始しています。手元のサンプルファイルを、そのままfMP4ファイルに無事にエンコードできました。AVIファイルのものですね。

MSDNドキュメントの更新がまだですが、どうぞ試してみてください。

NAB show 2014の発表詳細: John Deutscher (Azure Media Services開発のPM) のBlog: http://blog.johndeutscher.com/2014/04/07/nab-2014-announcements-from-media-services/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中